-






トップページ> 談話会 > 第178回深田研談話会(終了しました)
談話会

第178回深田研談話会(終了しました)

テーマ: 過去の海溝型巨大地震・津波を調べる

◆講 師: 佐竹 健治 氏
(東京大学地震研究所教授)
◆日 時: 2017年4月14日(金)
15:00~17:00 【開場14:30】
◆会 場: 深田地質研究所 研修ホール
◆定 員: 80名(先着順)
◆参加費: 無 料
◆講演概要: 2011年東北地方太平洋沖地震のような巨大地震や津波は、その発生頻度が低いため、過去の履歴を調べて将来の予測へ繋げるためには、計器観測に基づく地球物理学的研究、史料に基づく歴史地震学的研究、海岸段丘や津波堆積物などの地形・地質学的研究を総合的に行う必要がある。さらに、日本周辺に限らず、世界中の沈み込み帯の事例を調べることも重要である。

◆  定員に達しましたので申込を締め切りました。

2017年4月14日 金曜日 Updated