-






トップページ>規約>研究不正防止

研究不正防止に関する基本方針

研究不正防止に関する基本方針

 公益財団法人深田地質研究所は、「地質学や地球物理学等を基盤とする総合地球科学の研究、及び環境、防災、建設等社会発展に係る科学・技術の研究、ならびにそれらの融合的な研究を進めることにより、複合的な地球システムへの理解を増進し、その研究等の活動を継承する専門家の教育・人材育成及び研究助成活動を行うとともに広範な国際交流を通して、これらの先進的成果を社会に広く普及せしめ、もって社会の持続的な発展に寄与すること」を目的として様々な研究事業を行っています。
 このような研究活動において不正行為は、一瞬にして科学に対する信頼を覆すものとして、これを絶対に許容してはいけません。公益財団法人深田地質研究所は、研究活動における不正行為について以下の基本方針を定め、研究不正防止を推進します。

(1)法令、指針、ガイドラインの遵守
研究活動等不正防止に関する法令、国及び研究費の配分機関等の定める指針、ガイドライン等を遵守します。

(2)研究不正防止のための管理・推進体制の構築
研究活動等の不正行為を防止する管理とその対策を適切に推進するため、既存の管理・推進体制を見直し、より当研究所の実態にあった実効性の高い体制とします。
・各種規程類の整備と公表:研究活動等の不正行為の防止に関連する規程類を、法令、指針、ガイドラインに則って策定するとともに、その内容を所内へ周知するだけでなく、所外にも公表し、社会的説明責任を果たします。
・研究倫理責任者の設置:研究不正行為を防止する対策を確実に推進するため、研究倫理責任者を配置します。
・告発窓口の設置:不正発生時の早期発見及び不正抑止のため告発窓口を設置し、告発の受理だけでなく、関連する情報の収集、相談等への対応を行い、不正防止を適切に実施します。

(3)研究者に対する研究活動等不正防止のための教育の実施
研究者に対し、研究活動等の不正防止に関する規程、運用ルール、研究者倫理等不正防止に必要な教育を実施します。

2015(平成27)年12月14日 制定
公益財団法人 深田地質研究所

<研究不正に関する告発窓口>
公益財団法人深田地質研究所 研究倫理責任者 副理事長 亀村勝美
〒113-0021 東京都文京区本駒込2-13-12
TEL03-3944-8010 FAX03-3944-5404
メール: kenkyu_fusei”at”fgi.or.jp (”at”の部分を@に入れ替えて下さい)