-






倫理要綱

公益財団法人深田地質研究所 倫理要綱


 公益財団法人深田地質研究所は、地質学や地球物理学等を基盤とする総合地球科学の研究、及び環境、防災、建設等社会発展に係る科学・技術の研究、ならびにそれらの融合的な研究を進めることにより、複合的な地球システムへの理解を増進し、その研究等の活動を継承する専門家の教育・人材育成及び研究助成活動を行うとともに広範な国際交流を通して、これらの先進的成果を社会に広く普及せしめ、もって社会の持続的な発展に寄与することを目的としています。
 この目的達成のために、公益法人としての使命を十分に自覚し、社会から信頼される法人として事業を進めていきます。
 このような事業活動の基本として、以下の「倫理要綱」を定めます。

【法令等の遵守】
 法令、条例、慣習等の社会的ルール及び定款等の法人としてのルールを遵守することともに、社会的モラルをもって行動します。また、法人の信用、名誉を毀損する行為を行わず事業の遂行に当たって取り交わした契約や約束を誠実に履行します。

【情報・知的財産の管理】
内部情報等の取扱いに十分注意し、それら情報の漏洩、改竄、滅失、毀損及び不正な使用を防止します。また他者の機密情報の不正入手・不正利用を行わず、他者の知的財産権を取得または利用する場合は、譲渡契約、使用許諾契約等の条件を守ります。

【情報開示と説明責任】
社会の理解と信頼を得るため、活動状況や資料等に関する情報の開示を行います。また必要な関係事項についての説明を行います。

【地域社会・環境との調和】
社会に貢献する法人としての自覚を持ち、とくに地域社会と広く対話と連携、協調をはかります。また環境問題の重要性を認識し、省エネ等を実践し環境負荷の低減や環境美化に努めます。

【国際交流等に係る行動】
広く国際社会にも貢献するため、国際交流及び国際協力を進めるに当たっては、相手の文化や慣習を尊重します。